デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいが平均の色?調べてみた結果

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいが平均の色?調べてみた結果

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいが平均なのか考えたことはありますでしょうか。

人種はもちろん、肌の白さや日焼けのしやすさもありますが目安をお伝えします。また、悩みすぎるとストレスになり、デリケートゾーンがひどくなってしまう例もお話します。

デリケートゾーンの黒ずみの市販でおすすめな商品はドラッグストアにあるの?ランキングで紹介

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいが平均の色なのか

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいが平均の色かと聞かれた時、専門家でも、「人による」としか答えられません。

なぜなら、白人、黄色人種、黒人と人種によってもデリケートゾーンの色は違うからです。同じ人種でも、自分自身の肌の色が色白か色黒かでデリケートゾーンの色が違うからです。

また、紫外線にあたるとすぐに日焼けをしてしまう人もいます。一方で、日焼けしても一時的に赤くなって、すぐに元に戻る人もいます。肌の色は個人差があるため、デリケートゾーンが黒ずみになりやすいかどうかも差があり、専門家でも明確には答えられないのです。

目安としてお伝えすると、デリケートゾーンの黒ずみは、日本人女性だと、ライトブラウンからブラウンが平均的です。

デリケートゾーンの黒ずみは自分自身と比較

デリケートゾーンの黒ずみがどのくらいだと黒いか、どのくらいだと大丈夫なのかの判別は、他人と比較せず、自分の肌の色から黒ずんでいるかどうかを考えるようにします。

自分の体で、皮膚も薄く、一番白い部分は「腕の内側」です。紫外線が当たらない部分のため、柔らかくキメの整った肌をしていることも多い部分です。腕の内側の肌色と比較して、自分のデリケートゾーンの色がどのくらい黒ずんでいるかを考えてみましょう。

デリケートゾーンは、Vライン、Iライン、Oラインに分かれています。そのうち、Vラインは自分で見ることができますが、IラインやOラインは鏡を使わないと見えません。鏡をまたぐようにして色を確認してみてください。VラインよりもIライン、Oラインが黒ずんでいることもあります。

そして、日本人は白人よりもメラニン色素が多いので、デリケートゾーンが最初からライトブラウンになっていることもあります。

きつい下着を履く、生理用ナプキン、スキニージーンズなど洋服の摩擦刺激からデリケートゾーンが黒ずみになることもあります。

デリケートゾーンの黒ずみがどのくらいひどいか悩みすぎは禁物

デリケートゾーンの黒ずみがどのくらいひどいかと、自分自身で悩みすぎはよくありません。

実は、「自分のデリケートゾーンは黒いのではないか」というストレスが、更なる黒ずみにつながることもあるからです。

ストレスは血行悪化につながり、代謝低下を引き起こします。ターンオーバーも悪くなり、デリケートゾーンの黒ずみにつながるかもしれません。

セルフケアで塗り薬を塗ってデリケートゾーンの美白をしていくなら、短くても3ヶ月程度はかかります。ストレスを貯めこまず、息抜きをしながらデリケートゾーンを美白していきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治るのか

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治るのか
デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治るのかは気になる女性が多いはずです。

デリケートゾーンの黒ずみ治療をする時、美容皮膚科や皮膚科に訪れても、様々な治療法があります。

ハイドロキノンやトレチノインのような塗り薬を処方してもらい、治療するなら、人によって3ヶ月から1年ほどかけて治療します。

黒ずみ部分に薬を塗り治療するケミカルピーリング、専用の機械を使って電流を流して行うイオン導入は、3ヶ月から半年程度かけて行います。

専用機械を使うレーザー治療は、レーザートーニングやインティマレーザーがあります。レーザートーニングは6回程度から効果を見込め、インティマレーザーは1回から3回程度で効果がわかります。ただし、インティマレーザーにいたっては10万円以上かかることも普通です。

整形手術をするなら、6万円~10万円台かかりますが、手術直後から黒ずみはなくなります。

塗り薬で長期間継続して治療するほか、高額であれば、短期間で集中して治療する方法もあります。

■サイト内の人気ページ
デリケートゾーンの黒ずみネット写真を参考にして改善する方法3つ
デリケートゾーンの黒ずみの市販でおすすめな商品はドラッグストアにあるの?
デリケートゾーン黒ずみはハイドロキノンで美白できる?効果と口コミ、購入方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA